最近のよみたん自然学校 ~最近の日記

仲泊遺跡遠足

2021.07.12(月)
日々のこと

【遠足に行ってきました!】

RIMG0263

こんにちは。幼児の学校スタッフのもちゃです。

新学期が始まって3ヶ月、全員で仲泊遺跡へ遠足にいきました。

今回、約400年前の琉球王朝時代につくられた「道」の一部を散策しました。

RIMG0284

頂上で「やっほーー!」と叫んだり、

先に歩いてた子どもたちが、隠れて驚かせたり

RIMG0296

年長さんは、他の子の手を積極的に引いてくれたりしました。

RIMG0273

終わったあとは、「疲れたけど楽しかった」「また行きたい」の声が続出!

今度はどこに遠足行こうかな〜?

RIMG6671

スタッフ もちゃ

手作り弓矢

2021.06.08(火)
日々のこと

こんにちは。小学部スタッフのあんでぃーです。

小学部の最近のブームは『手作り弓矢』。
竹と凧糸を使い、弓と矢を作って飛ばして遊びます。

20322

「どうやって作るの〜?」と、低学年は高学年が作ったものを見ながら試行錯誤。
ナタをこわがっていたAくんも、勇気を出して竹を割ることができました!

何度も弓矢作りをしているBくんは、もうお手の物。
火起こしをしていた火を借りて、竹を炙っていました。
「なんで竹を炙ってるの?」と聞くと「竹は炙るとしなるんだよ!ほら!」と答えました。
それを見ていた他の子も真似して炙り、折れにくい丈夫な弓を作り嬉しそうでした。

手作りの弓矢を片手に、上の舞台と呼んでいる芝生広場へ。
「飛ばすぞ!」と、みんな気合十分!!
【飛ばした矢を1番に取った子が勝ち】という、新しいゲームも自然と生まれました。
20330
20328

自分で作った弓を使い、矢を思う存分飛ばしているときの表情は、生き生きとしていてとても楽しそうでした。
20316

子どもたちの発見や試行錯誤する力、チャレンジ精神を大切にしながら、今後も活動をしていきたいと思います!

スタッフ あんでぃー

新学期から1ヶ月。

2021.05.01(土)
日々のこと

RIMG6002
幼児の学校スタッフのひるです。
よみたん自然学校の新学期がはじまり、もうすぐ1ヶ月が経とうとしています。あっという間のような、たっぷりとした時間のような日々でした。

新たな仲間たちを迎えスタートしましたが、年少、年中の新入生は新しい環境でやってみたいこと、面白いことがいっぱいの様子。友達、遊び、自然、あらゆるものに興味津々です。

年中、年長に進級した子どもたちも、ひとつお兄さん、お姉さんになった喜びに溢れています。新入生が困っていると優しく声をかけてくれたり、手をつないで歩いてくれる年長さんは本当に頼もしいです。

つい先日も、海からの帰り道で、「もう持てない〜」と子ども達の声。濡れた洋服や荷物をスタッフが持っていくと、荷物がいっぱいに!
道路を渡りたいけれど、荷物がいっぱいで両手が塞がっており、まだわからずフラフラする新入生をどうしようかな〜と頭を悩ませていると、すかさず年長のKちゃんが、
「みんな、道路渡るからくじらチーム(年長)はやどかりチーム(年少)の手を繋いで〜!」
と一声。
RIMG6071
まさに今、私が声をかけようと思っていたところを、Kちゃんが!!お世話好きの優しいお姉さんKちゃんでしたが、こんな風に全体へ声をかけてくれることはなかなかなかったので、驚きました!彼女の中で、最高学年としての誇りや自信がでてきているんだなあ〜いうこと、そして、彼女自身の成長をひしひしと感じることができた場面でした。嬉しかったなあ〜。

このメンバーで1年間、過ごしていくのがとっても楽しみになった1ヶ月でした。少しずつ、一歩一歩、毎日を子ども達と積み重ねていきたいなあと思います。ぐんぐんと地面の下の根っこを伸ばして、目に見えないものを一緒に育てていけますように。

新学期スタート!

2021.04.16(金)
日々のこと

入学式、進級式が4月9日に行われました。
新入生は幼児の学校10名、小学部5名。

まだまだあどけない新入生たちと
新入生に声かけする在校生の姿をみて成長を感じます。
これからどんな遊びがくり広げられるか楽しみです。

幼児の学校は早速海にお出かけ、海開きしました。
海で遊んだ後は「さむーい!」といって焚き火で体を温めました。

スタッフ はあと

RIMG5786
門の前で記念撮影

RIMG5441 2
高学年の兄ちゃんに手を引かれ新入生入場。

RIMG5439

RIMG5452
新入生紹介保護者あいさつ

RIMG5409

RIMG5563
海開き!

RIMG5569

暇だー

2021.02.17(水)
日々のこと

先週の活動時間のことです。
「暇だー。家に電話したい。もう帰りたい!」と言い始めたAくん。
「暇なのは学びのチャンスだから帰れないよ。一緒に何か探すよ」と私が伝えたところ、すねてしまいました。しばらくすると気持ちが変わったようで動き出しました。

他にも暇な子がいたので、一緒に本で何かを探し始めました。
Aくんは機械の図鑑。Bちゃんは爆発実験のページに釘付け。Cくんは工作図鑑。

Cくんの図鑑から人が乗れる車の工作に興味を持ち、「人が乗れる蒸気機関車つくりたい」と思い付いたようです。
動く仕組みは、爆発実験を取り入れたらいいと言い出しました。この日は爆発の装置を作っていました。

翌週、Aくんは「人が乗れるポンポン船を作りたい」と決めたようです。
早速、竹を切りに出かけ、材料を集め始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Aくんは前のイカダで竹を釘打ちし失敗したから、今回は紐で固定すると宣言。

Dくんは紐で固定して失敗したから、俺は釘を使う!と自分のイカダを組み立てていました。

Eちゃんはナイフでけずり、小さな船を完成させていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「イカダってむずかしいんだよねー」見かけた高学年も声をかけてきます。それぞれの子のイカダの経験談を話して盛り上がりました。

Aくんはイカダを作りながら「これ完成したら浮かべに行くから、海で爆発実験しようよ!」とBちゃんを誘っていました。
今は暇じゃないようで、わくわくした感じが周りにも広がっています。

スタッフ きしも